ページ

2019年6月6日木曜日

偶々多摩の魂

 多摩美術大学美術館で始まった『古布 -無名の妙- 坂田和實・蒐集の審美』を見てきました。最寄りは多摩センター駅。改札からつながるデッキに広がる都市機能はもはや小さな国家のようで、この区画から出ずに一生を終えることが可能かもしれません。二千年後に発掘調査が行なわれたら、この辺りが当時の日本の中心だったという推測も出てきそうです。そしたらサンリオピューロランドは、さしずめ大規模な宗教施設でしょう。
 展示されているナスカやコプトの布などは、ほとんど自分の所有物だと記憶を捏造できるぐらい、本で見て松濤の展覧会でも見て網膜に焼きつけたのですが、改めて現物を前にすると、全然入手の叶わないことを思い知らされます。こういう考古遺品は言わずもがな、酒袋のような近年の民具だって、ここに展示されている類いの繕いのおもしろいものは、もう市場では見かけません。結局は評価の先鞭をつけた坂田さんの蒐集品を後になって、良いとか好きとか言ってるだけかーという事実を突きつけられ、ちょっとガックリ。ただあまりうなだれていると、肩が凝るし、姿勢が悪くなって内臓疾患を誘発するおそれがあるので、前を向かないといけません。そうすると、多摩丘陵の樹々が目に優しく映ります。目には青葉 山ほととぎす 初鰹ってやつでしょうか。そういえば、ジブリの『平成狸合戦ぽんぽこ』は多摩センターの駅周辺がロケーションハンティングされてますね。監督の高畑勲というのは、傍若無人に見える宮崎駿さえ頭が上がらなかった人で、それは高畑が聖人の如き人格者だからではなくて、逸話を聞けば、とんでもなく悪魔じみた人だったからみたいです。ジブリの組織というのは、子供っぽい駿を諌める大人の勲という構図で廻っているのかと思いきや、そうではなかったのでした。なんだか山田宏一著すヌーヴェルヴァーグ勃興時のゴダールみたいだと思いました。
 というようなことを持ち出して、坂田さんが高畑勲やゴダールみたいだと言いたいわけではなくて、蒐集と創作というのは営為は違えど、どこかデモーニッシュなものに憑かれないと、人の心を動かせないなと思ったのであります。展示は7.15(月)まで。見に行ったら逆光に寄ってぜひ感想を聞かせてください。では、6月もどうぞよろしくお願い致します。

インスタグラムで商品紹介をしております→👃





 

2019年5月27日月曜日

菴摩羅果

 早すぎた真夏の到来。まるで太陽がマンゴーパフェを食って帰れと叫んでいるようだった・・。というわけで大江戸骨董市の帰途、久しぶりに浅草のフルーツパラーゴトーへ行きました。それは炎天の行商を無事に終えた自分へのご褒美というよりは、これほど箍が外れた暑さの中でも商いに身を窶す己への贖罪行為と言うべきかもしれません。
 ゴトーの前は取り付け騒ぎに沸く信用金庫のような人だかり。しかし待つことも贖いのうちだと思えば、心静かに待つしかありません。とか言いながら、ウインドー越しに中で食べてる人の様子をすごい見ちゃいました。おばあさんがメロンパフェのメロンを静々と手に取ってスプーンで掬いながら食べています。自分だったら、志村けんのスイカの早食いみたいに食べてしまうところですが。思わず、志村〜!後ろ、後ろ〜ッ!と叫びたくなりました(意味不明)。
 注文は太陽によって予め決められていた通り、マンゴーパフェです。宮崎産の完熟、2,300円。そんな金があったら、何かおもしろい物でも仕入れてこいと思う方もいるかもしれませんが、その価格で天平の脱活乾漆像の残欠とか買えるわけでもないし、だったら旨いもの食ってエナジーを充填した方がいいやという、いわば開き直りの為せる業ですね。
 谷崎潤一郎の『吉野葛』の中に、熟れた美濃柿を食べる一節があります。あたかもゴム袋の如く膨らんでぶくぶくしながら、日に透かすと琅玕の珠のように美しい。と、ずくし(熟柿)と言われてふるまわれたその果実を谷崎は描写します。熟柿を供されて食べるまでのその一節は、食べ物の描写において日本近代文学史上屈指の美しさだと思います。岩波や新潮の文庫で簡単に読めるので、ぜひご一読ください。店の棚にも岩波版が一冊差さってました。谷崎は続けて、思うに仏典中にある菴摩羅果(あんもらか)もこれほど美味ではなかったかも知れない、と書きます。菴摩羅果とはまさにマンゴーのことで、その栽培は紀元前のインドで始まっており、仏教では聖なる樹とされています。実際、谷崎がゴトーでマンゴーパフェを口にしていたら、「ヤバい、こっちの方が美味いかも」と言ったかもしれません。
 長かった5月もようやく最終週。聖なる気力を充填してきましたので、お店にもぜひお立ち寄りください。



艶やかな橙色


浅草界隈の夕べ





2019年5月21日火曜日

気圧とは

 加齢によるものなのか、気圧の影響をダイレクトに被ることが、ここ何年かで増えてきたように思います。そうなると、なんでも気圧のせいにするのが人間の性というものです。店で睡魔に耐え切れなくなるのも気圧のせいだし、売上げの芳しくない日があればそれも気圧のせい、マルエツで買ったバナナを立て続けに4本食べてしまうのも、おそらく気圧の変化が大きく影響しているはずです。何気なく書き上げた『人は気圧が9割』(サンマーク出版)という本がスマッシュヒットを飛ばし、印税生活に突入するという妄想ももちろん気圧によるものです。それほどまでに人間生活に多大な影響を及ぼす気圧の変化にも負けず、店にはささやかながら新入荷の品物が並んでいます。実店舗にわざわざ足を運ぶことをしないというのが世の趨勢ではありますが、ある空間に身を置くというのは、定量情報以外の知見を浴びる体験でもあります。気がつけば5月も後半。気圧の上下動のさなか、無理のない範囲でご来店いただければ幸いです。


味のいい六つ目編みの籠、疵だらけの山形張子?の犬、
 クランクが取れた李朝とおぼしき漆塗りの墨壺、    
グラビュールで輪線が施された型吹きのコップ、   
出土寺院不詳の軒平瓦は珍しい文様。范型ではなく  
手彫りによる文様のようです。           
   

2019年4月29日月曜日

弴's ハウス

 箍が外れたような狂気の10連休にも当店は営業いたします。開店時間の遅れなどがある際は事前にお知らせします。世の喧噪から隔たった異空間にぜひお運びください。
 ただ、5月3日(金)&4(土)は『鎌倉古美術展 2019春』出店のため弴の元自宅に行っておりますので、どうぞそちらにお出掛けいただけましたら幸いです。弴というのは、白樺派の作家の里見弴のことで、下の名を呼び捨てにするような間柄ではまったくないのですが、そんな気安さを許してくれる気がする今日この頃。皆さまもざわめく若宮大路を縫って、谷戸の奥、里見弴旧邸西御門サローネまでお越しくださいませ。できれば途中で紅谷八幡宮前に寄ってクルミっ子アイスを食べたいのですが、今回は叶わないかもしれません。もし食べたという方がいらしたら、感想をお聞かせください。
 逆光は結構な古手の漆の片口や割と愉快な蛙の容れ物などを持参します。蛙は、かつて柳宗悦の長男坊、宗理も拾い上げたこともあって、二回りほど大きなものが民藝館にも所蔵されています。ぜひ会場でお手に取ってご覧ください。それでは、ご来場を心よりお待ち申し上げております。





2019年4月10日水曜日

イベントジャンキー

 昨年の秋に引き続いて『鎌倉古美術展 2019 春』に出店いたします。会場はお馴染み、かどうかは分かりませんが、里見弴の旧邸である鎌倉西御門サローネです。白樺派のリア充野郎の家になんか行く気はしねえ、という方もいらっしゃるかもしれませんが、里見自身は鷹揚な人柄で結構いい奴だったようなので、偏見を捨ててお運びいただけたら幸いです。日時は5.3(金)/4(土) 11時-17時半。連休中の鎌倉なんか、いかにも人でごった返していそうに思われがちですが、鎌倉市の観光基本計画策定の報告書などを見ると、やはり混んでいるみたいです。それじゃ止めとくかと言わず、ここはひとつ令和改元後早々の古物のイベントということで、万障お繰り合わせの上ご来場くださいませ。
 鎌倉古美術展から遡ること一週間ほど、『東京アートアンティーク 日本橋・京橋美術まつり』にも参加いたします。弊店の所在地は八丁堀なので、イベントタイトルを真に受ければ詐欺に当る可能性もありますが、同じ中央区の誼みという厚情を賜り、昨年から末席に加えていただきました。現在配布中の地図を見ると、たしかに末席感が漂っていて、微笑みを誘わずにはおりません。会期は4.25(木)-27(土)。終わりゆく平成に向けて万感の思いを込めて汽笛を鳴らすようなイベントです。万難を排してのお越しをお待ちしております。
 それともう一つ、これは当店のイベントではありませんが、去年の夏の終わりにウチで展示をしてくれたYoshino Yashimachiさんのかごバッグ展が神楽坂のラ・ロンダジルさんで開催されています。逆光での初めての展示以来、百貨店や有名店からの引き合いが増えて忙しくしているようで、こちらとしては「友がみな我よりえらく見える日よ」状態ですが、それもまた人生の機微として味わうべきものであるのでしょう。新作を引っ提げての展示会のようなので、ぜひ足を運んでください。では卯月もまたよろしくお願いいたします。



新色の白が眩しいかごバッグ展。銀色を混ぜてどうかすると、
白くきれいに発色するとか、本人に教えてもらいましたが、 
忘れました!在廊予定をご確認の上、ぜひ本人に聞いてみて 
ください。4.9(火)-20(土) 12時-19時 15(月)は休み 日曜日と 
最終日は18時まで。                   



2019年4月1日月曜日

う鎌る倉古し美ドリ術フ展ト

 こうして文章を綴っている時点ではまだ知らずにいる新しい元号ですが、一夜明ければ話題はそれで持ち切りになるのは分かっているので、今のうちに宣伝しておかなければならないことが二つ。などと書いているうちに一夜が明けてしまい、案の定話題は新元号で持ち切りです。もはや誰も漆器のことを口にしようとさえしません。だからこそ声高に叫びたい。一つめは会津若松のスラッシュ四天王(他三人は未定)こと相田雄壱郎の展示会『うるしドリフト』開催中ということ。会期は4.3(水)まで。職人としての矜持と工芸への明敏な批評性の絶妙な混淆を多くの方に見ていただきたく思います。
 二つめは5.3(金・祝)/4(土・祝)に開催される『春の鎌倉古美術展』に参加いたします。ということのご報告です。連休の只中に観光地に行くほど酔狂ではないと思っている方も、改元後初のイベントということで、ここはひとつ物見遊山を決め込んでお運びをいただければ幸いです。名品を取り揃えて、などと迂闊には言えませんが、おもしろいものを準備してお待ちしている予定です。なにとぞよろしくお願いいたします。




呪事と祝事を同時に表徴したようなフォルム。

白漆の発色が美しい前菜皿。難しいとされる際の塗り分けも見事。


今回のDMに採用されたのは逆光の品物。追って紹介いたします。


2019年3月26日火曜日

漆林でつかまえて

淡いブルーの季節の中で
何かを見てる
           ------------- 飛鳥涼


 昨今はイベントや展示会がインフレーションを起こしています。作家は食い扶持を稼ぐため、ギャラリーも同様に必死の売り口上ですが、買う側の心情を慮れば、もうこれ以上は何も要らない、展示会などやってくれるなといったところかもしれません。そんな前振りをかましておきながら、弊店でも漆工家・相田雄壱郎の展示会『うるしドリフト』を開催することになっております。3.28(木)-4.3(木)12時-19時。屋上屋を架すことになるのか、脱構築の道筋を見出すことができるのか。まずは初日28日の19時からトークイベントを一本。ゲストは青梅で朱文筵工房を主宰する漆工家の戸枝恭子さんと手塚俊明さん。モダニズムの漆芸家・磯矢阿伎良の意志を継ぎ、古作に倣いつつ瀟洒な漆器を手がけている方たちです。トークの内容についてはもはや相田さんに丸投げですが、制作における初期衝動について、所蔵の古い漆器を前に何かしらお話しいただけるようなことを小耳に挟みました。だとすれば、物作りに勤しむ人はもちろんのこと、時代漆器を扱う古物商も参加しないわけにはいきません。濃密な漆の話を小一時間ほど。参加費は無料なので、タダより怖いものはないことが身に沁みている方にとっては、ちょっとハードルが高いかもしれません。ご予約はgyakko3@gmail.comまで、お名前と電話番号を明記してお申し込みください。
 さて、展示会のDMに記された相田さんの声明には「漆器という概念にとらわれない工芸品」とあります。これは、もともと職人として輪島で修業した相田さんにとっては、決死の表明のようでもあり、過渡期を生き抜くために背水の陣を敷きまくった宣言とも取れます。彼は工芸の歴史にどんな楔を打ち込もうというのでしょうか。心してお出掛けください。



我が家で使っている相田工房の椀と匙。これは職人仕事。
今回はそこから離れた、謂わば作家としての仕事も見る 
  ことのできる展示になります。