ページ

2018年10月9日火曜日

いざ鎌倉的な

 歴戦の猛者たちの末席に加えていただき、『秋の鎌倉古美術展』に参加することとなりました。11/10(土)11(日)の二日間、11-17時、場所は西御門サローネという古い洋館で、里見弴が大正末年に自ら設計して家としたところでもあります。里見弴は本名を山内英夫と云い、有島武郎と生馬を兄に持ち、彼らとともに志賀直哉、武者小路実篤らの「白樺」同人に参加しました。どういう謂れなのか、志賀たちからは伊吾(いご)の愛称で呼ばれていて、同人中では弟扱いのイジられキャラの役回りであったようです。志賀に対する里見の感情は憧れ交じりの複雑さがあり、折りに触れて衝突がありました。お坊ちゃんどうしの自意識のぶつかり合いでしょうか。里見が小説『善心悪心』を出した時には、志賀をモデルにした登場人物の扱いが志賀の勘気を蒙り、ついに絶交状態になりました。志賀直哉というのは相当に気難しい人で、その直情潔癖から生じる行動に周りの人間はかなり振り回されたようです。正宗白鳥が「資産家だからいいようなものの、あれで生活苦だったら葛西善蔵よりヒドいかも」みたいなことを書いてました。そういう動物じみたところと神様扱いされてしまうような部分の同居が、得体の知れない魅力を放散する源だったのでしょうか。どうも志賀という人間は気に喰わないぜ、と勇んで本人に会いに行ったら、すっかり魅了されて帰ってきたという話は結構伝わってます。里見と志賀の仲も幼馴染みの腐れ縁で、いつの間にか元どおりになりました。里見弴の顔はネットを検索すればいくらでも出てきますが、若い時も老年に至っても、好きな事だけしてきた遊び人みたいな風貌です。なかなかこんな筋金入りの面立ちというのは、昨今ただ界隈を歩いているだけでは見られない気がします。というわけで11/10(土)11(日)の『秋の鎌倉古美術展』、お誘い合わせでもお一人様でも、古都の散策を兼ねてぜひお運びくださいませ!

のっぺりと平たい街の雑居ビルの一室から、自然と歴史が
渦巻く都へ。スケジュール空けておいてください!